*はなのかふぇ*

イラストレーター&主婦な日々を綴ります
SMAPとかわいいもの、あまいものがすき。

☆HP☆   http://hananocafe11.com

♪リンク張るときは一言連絡してねっ♪

♪ イラスト・写真は無断転載・複写・無許可で使用はしないでねん、お願いっ♪

  Copyright(C)Kaori Hashitsume. All Rights Reserved.
<< ♪ 伊達な道の駅 でみつけたぴーちゃんプリン!♪ | TOP | ♪ 四十肩(五十肩!?)がつらいんだぜ ♪ >>
♪ 「村上隆の五百羅漢図展」見に行った ♪
0

    今回東京に行った目的の一つ、

    六本木ヒルズの森美術館で開催中の

    村上隆の五百羅漢図展」を見に行ってきました。

     

    SMAP SHOPに入店した後その足で(笑)

    一緒にSHOPに行った友人がいつも一緒に美術館に行く

    友人だったので「この後どう?」って誘ったら

    OKしてくれたのでした(^^)



    キャリーも引いてたし、買った商品もたくさんあって

    荷物がすごかったので全部受付で預かってもらって

    手ぶらで会場に入ったら、なんと写真撮影可!!

    たくさん撮ってSNSでシェアしてね、という斬新な展覧会でした。

    いかにも森美術館っぽい…

     

    ipadくらい持ってれば良かった…

    まあでも写真に夢中になってしまいそうなので

    作品に集中できてよかったかも。

     

    開催期間中にもう一回くらいは行けそうだから

    その時は写真撮ろうかな。

    以前書いた気がするけど、

    正直なところずっといいイメージなかった。

    「へんなフィギュア作って好みじゃないお花の模様を描いて

     莫大なお金稼いでるらしい商売上手な人」みたいな。

    ヴィトンのバッグとコラボとか、

    できたての六本木ヒルズイメージキャラクター描いてたせいか、

    ほーりえーさんの影響でなんかとにかく金儲け的な
    良くないイメージで。

     

    それがミーハーなきっかけで恥ずかしいと言うか、

    申し訳ないんですけど(^^:)

    映画の宣伝で出て来たスマスマでメンバーに

    絵を教えるコーナー見てイメージめちゃくちゃ変わった。


    当然なんだけどいきなり描いたお花のスケッチが

    異常にうまくてまず感激。

    んでメンバーが描いた絵に対する講評も

    すごく良いとこついてて心ある意見で。

    ちらっと言ってた自分の高名な作品についての解説もなるほど!

    ってなった。

    世間のイメージで印象決めつけちゃいけないよなーって

    つくづく思ったのでした。

    それで今回の展覧会でやっと本物の作品を見れるという事で

    とても楽しみにしていたのでした。

    期待に違わぬすごい迫力!

    やっぱり実物は違う。

    印刷物で見ただけでその作家への好き、嫌いを決めてはいけない

    典型的な例だなーって思いました。

     

    好き嫌い、賛否は確かに強く出る作品だとは思うけれど

    その熱量と情熱がすごい事は誰もが感じられるはず。

     

    とにかく圧倒されます。

    両方の壁面にどーんと並んだ全長100メートルもの

    五百羅漢図に囲まれた部屋には

    ただならぬエネルギーが渦巻いているようでした。

    ホントにこれは写真を見ても映像を見ても伝わらない。

    とにかくあの場所に行ってみて感じて欲しい。

     

    私は日本画は詳しくはないんですが、でもきっと村上さんの作品は

    日本画の基礎や心や伝統をきちんと踏襲した上で

    現代的に咀嚼して新しく生みだした作品なんだろうな、

    ということが改めてわかりました。(たぶん)

     

    制作過程がわかる展示もあったのですが、

    昔の徒弟制度さながら、

    現代で言えばジブリとかの、アニメ制作のような

    若いお弟子さん達(アシスタント?)に

    各工程を任せ、それを厳しい目と言葉でチェックして全体を俯瞰しつつ

    作品を完成させて行く様子も興味深かったです。

    私が一番感動したのは「宇宙の産声」という立体作品でした。

    天井まで届くような巨大な金のオブジェ。

    第一印象は仏教的な要素と現代のキャラクターの融合

    と言った感じかな。

    でもそこに表現されている「産まれて来ているもの」

    は決して善いものではないような。

    所々に現れる顔は親しみやすくアニメのようなキャラクターに

    表現されてはいるけれど、でもここにあるのは

    清濁併せ持つ人間の欲望なのか、どろどろととにかく凄まじい。

    こんなとんでもないものが作者の心の中にあるのかと思うと

    ぞっとして、圧倒された。

    そりゃアンタ、
    作品にでもしてどんどん作って出していかなきゃ
    人生やって行けないでしょうよ的な。
    あんなエネルギーが自分の中にあるなんて、
    たまったもんじゃない。

    作品の中身は現代的な素材(木とかではなく。きいたのに忘れた^^:)

    だけど、その上から一面に金箔が張られているそうで、

    それを聞いて改めてじっと見たら確かに一枚一枚

    金箔が張られているのがわかりました。
    手間すごい。一見の価値ありです。

     

     とにかくね、イメージで毛嫌いせずに行ってみて欲しい!

    それでもやっぱり嫌い!なら当然それもありだし(笑)

    見てから言おう!です。

    もう一回いきたいなあ。ほんとに。
    次は500円で解説してくれるやつ、借りよう。



    見終わった後、ヒルズの中の「梅蘭」でちょっと贅沢して
    焼きそばのコース頂いちゃいました♪
    おいしかったー♪



    フカヒレスープにデザートに杏仁豆腐もついてたよ☆

         



    あとね、笑ったのが。

    ミュージアムショップで何か買おうかなーって見て回ったの。

    あの例のお花ちゃんの小さいぬいぐるみのストラップ?バッジ?

    があったから、600円くらいなら記念に買おうかなーって

    思って値段見たら1980円だった(爆)

    パッケージが五百羅漢柄の羊羹とかもあってよかったんだけども

    こちらも結構破格な羊羹(笑)

    最後にいろんな作品に描かれていた髑髏がプリントされた

    カッコいいトートバッグがあって、うわかっこいい!って

    みたら30万強だった。

    なかなか…なかなか…なかなかだな…

    でももし、30万使ってバッグ買っていいって言われたら

             ↑言われません     

    ヴィトンのモノグラムとか買うくらいならこれ買うわ 私。

    缶バッジもあったのよ。

    3cmないくらいの小さいやつ、400円弱で。

    それみて私と友人は

    「SMAP SHOPの缶バッジはじめグッズの

     値段はぼったくりではない。適正価格である」

    という結論に達したのでした(笑)

    いちおう有名デザイナーの手によるデザインでもあるしさ、

    そこにSMAPって言う人気者の付加価値もつくわけですから。

    別の面からも勉強になりました(笑)

    そんな話はさておき、

    村上隆はキライと言い切るあなたも食わず嫌いせず、
    是非ご鑑賞あれ!



    JUGEMテーマ:展覧会

    10:28 | アート | comments(0) | trackbacks(0)| - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://blog.hananocafe11.com/trackback/1521
    トラックバック